馬場元子監修

明るく楽しく激しいプロレス

akaruku-tanoshiku-hageshii-pro-wrestling

ジャイアント馬場が1989年に掲げた全日本プロレスのモットー。両者リングアウトや反則決着など消化不良の試合を撤廃し、リング内での完全決着を徹底させることで、ファンとの信頼関係を築いていった。

足のサイズ

ashi-no-saizu

「32センチ」と馬場が『徹子の部屋』(1998年11月30日放送)でコメント。「子供の時に10文半(約25.5センチ)という運動靴があったんですが、それが入らなくなって、それ以来、運動靴というものを履いたことはありませんから」とも。