馬場元子監修

1960〜1969年の出来事

1960
02
12

大洋ホエールズ(現DeNA)の春季キャンプにテスト生として参加も、風呂場で転倒し左ヒジを負傷。プロ野球人生に終止符を打った。

04
11

この前日にブラジル遠征から帰国した力道山に対して、日本プロレス入門を申し入れ受諾される。猪木寛至(アントニオ猪木)とも初めて対面。

09
30

東京・台東体育館、対桂浜(田中米太郎)戦でプロレスラーとしてデビュー(15分1本勝負)。5分15秒、股裂きで勝利を収めた。

10
14

北海道・札幌大会でプロ2、3試合目(1日2試合)。桂浜を下したあと、大木金太郎とは15分時間切れ引き分け。

10
23

三重・四日市大会で芳の里に首固めで敗れる。シングル9戦目での初黒星。

11
15

大阪府立体育館で、のちの国際プロレス社長・吉原功と対戦。12分7秒、体固めで馬場が勝利を収めた。

1961
05
01

東京体育館で外国人レスラーと初対決。相手は「第3回ワールドリーグ戦」優勝候補のミスターX。逆エビ固めで敗れる。

05
25

富山大会で猪木寛至と初対決。10分0秒、フルネルソン(羽交い締め)でギブアップ勝ちを収める。

07
01

プロレスデビューから9カ月。芳の里、マンモス鈴木とともに、自身初のアメリカ武者修行に羽田空港から出発。生まれて初めての飛行機搭乗。所持金は餞別として受け取った30ドルのみだった。

07
17

ロサンゼルス北東部のパサディナでマット・マーフィーを相手にアメリカマットデビュー。

08
18

サンディエゴでNAWA(のちのWWA)王者のフレッド・ブラッシーに挑戦。自身初のメインイベント。

09
18

ニューヨークのMSGに初登場。ビリー・ズビスコ(ビル・ドロモ)とのシングルマッチ。

11
13

MSGでブルーノ・サンマルチノと初対決。

1962
03
09

シカゴ・アンフィシアターでNWA世界ヘビー級王者のバディ・ロジャースに挑戦。

03
12

ワシントンDCでB・ロジャースの NWA王座に挑戦。

06
16

フィラデルフィアでB・ロジャースの NWA王座に挑戦。

06
23

オハイオ州コロンバスでB・ロジャースのNWA王座に挑戦。この試合を皮切りに7月7日、7月25日と同地で異例の3連続挑戦。

1963
02
04

ロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムでWWA王者のザ・デストロイヤーに挑戦。反則で1本奪うも2本目が時間切れのため規定により王座獲得ならず。

02
22

ロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムでWWA世界王者のザ・デストロイヤーに再挑戦。2ー1で勝利も2フォール勝ちでなかったため王座移動せずとの裁定に、マネジャーのグレート東郷が抗議。延長再試合となり、馬場は敗れた。

03
17

渡米していた力道山とともに約1年8カ月ぶりに凱旋帰国。

03
23

この日開幕の「第5回ワールドリーグ戦」に出場。リングネームがジャイアント馬場に変更。4勝2敗1分けの好成績を収めた。

03
24

東京・蔵前国技館で「ワールドリーグ戦」優勝候補のキラー・コワルスキーと45分3本勝負で対戦。両者ノーフォールのまま時間切れ引き分け。

03
26

力道山とともに『スター千一夜』(フジテレビ系)に出演。

03
29

滋賀・大津大会で武者修行時代の師匠、フレッド・アトキンスと対戦。3ラウンド2分40秒、体固めで3カウントを奪った。

10
02

栃木・足利大会でアントニオ猪木との通算16回目となる一騎打ちに勝利。この試合が両者による最後のシングルマッチ。通算成績は馬場の16勝0敗だった。

10
07

2度目のアメリカ遠征に出発。

1964
02
08

アメリカ・デトロイトのオリンピア・スタジアムで、ルー・テーズのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。1-2で敗れるも、ココナッツクラッシュで1本奪う。この試合を皮切りにNWA、WWWF、WWAの3大世界王座連続挑戦を果たす。

02
15

オハイオ州シンシナティでルー・テーズのNWA王座に再挑戦するも1-2で敗退。8日の試合同様、最後はバックドロップの前に沈んだ。

02
17

MSGでブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦。1本目はカナディアン・バックブリーカーの前にギブアップ、2本目はニューヨークの市条例(午後11時以降の興行続行は不可)により時間切れ引き分け。王座獲得ならずも、中一日でのNWA、WWWF連続挑戦は史上初の快挙だった。馬場にとっては自身初のMSGでのメインイベント。

02
28

ロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムでフレッド・ブラッシーのWWA王座に挑戦。1-1から時間切れ引き分けで王座獲得ならず。3月20日、同27日にもブラッシーに挑戦。