三条市名誉市民ジャイアント馬場没後20年記念展開催のお知らせ

日時:令和元年12月中旬

会場:三条市体育文化会館

詳しくはコチラ

ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~

ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~

ドリー・ファンク・ジュニアPWF会長からザ・デストロイヤーさんへのメッセージ

第3弾カード発表

2019年9月13日

2019年11月15日(金)東京・大田区総合体育館にて開催される「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~」第3弾追加カード発表として、全日本プロレスから青柳優馬選手と青柳亮生選手の兄弟タッグが参戦。

また鈴木軍からタイチ選手、金丸義信選手の参戦並びに2月19日ジャイアント馬場没20年追善興行以来の青柳優馬選手との対戦となる、以下の対戦カードが決定致しました。

ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~タッグマッチ

タッグマッチ

(全日本プロレス)青柳優馬   タイチ(鈴木軍)
(全日本プロレス)青柳亮生 VS 金丸義信(鈴木軍)

※出場選手はケガ等により変更となる場合が御座いますので、予めご了承下さい。

【和田京平大会プロデューサーによる試合の見所とポイント】

青柳からするとタイチという存在は、団体が違えど越えなきゃいけない相手だよね。なんかあの2人には因縁があるんだよ。2月の馬場さんの大会の時もそうだけど、色んな団体が集まる大会では必ずあたってるんだよね。
2月の馬場さんの時は僕が裁いたんだけど、タイチって憎たらしいよね。

鈴木軍ということで金丸も出てもらうことになったんだけど、そこで青柳弟(亮生)が器用でね、金丸とあたったら勉強になるんじゃないかと直感的に思ったんだよ。そういうことより、因縁の対決だから青柳家とタイチの仁義なき抗争だね。とにかく憎たらしいタイチをやっつけて欲しいよ。

(京平さんはこの試合を裁きたい気持ちは?)いやー俺はもういいよ(笑)

第2弾カード発表

2019年11月15日(金)東京・大田区総合体育館にて開催される「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~」第2弾追加カード発表として、全日本プロレスから渕正信選手、ジャイク・リー選手、野村直矢選手、岩本煌史選手がタッグを組んで参戦。

対戦相手として藤原喜明選手(藤原組)、船木誠勝選手、長井満也選手、田中稔選手が参戦、以下の対戦カードが決定致しました。

ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト 8人タッグマッチ

8人タッグマッチ

(全日本プロレス)渕正信            藤原喜明(藤原組)
(全日本プロレス Sweeper )ジェイク・リー   船木誠勝(フリー)
(全日本プロレス)野村直矢         VS 長井満也(フリー)
(全日本プロレス Sweeper )岩本煌史      田中稔(フリー)

【和田京平大会プロデューサーによる試合の見所とポイント】

やっぱりデストロイヤーといったら渕くんなんだよね。じゃあ渕くんと誰が対戦かと考えたら組長が思い付いたんだよ。渕くんと組長は過去にも名勝負もしているし、渕くんもゴッチさんに教わった時期もあったんだよね。これで渕くんと組長の対戦ラインができて、組長に船木選手達を付けたら面白いんじゃないかと思って声を掛けてみた。

皆さんが期待して、組長とだれが対戦したか面白いかって思ったらジェイク・リーだったんだよね。これで8人タッグが決まったんだよ。よく考えたら深いよね、この戦い。対戦も凄いけど、タッグを組んでいるのも凄いよね。スタイルが違うだけに、なんか対抗戦の匂いもするし、危険な感じもするよね。

 

また、2011年8月27日ALL TOGHTER以来の開催となる「第2回デストロイヤー杯争奪スペシャルバトルロイヤル」を行います。参加選手は以下の通り。

第2回デストロイヤー杯争奪スペシャルバトルロイヤル

百田光雄、菊地毅、垣原賢人、井上雅央、MEN’Sテイオー、力 他

※出場選手はケガ等により変更となる場合が御座いますので、予めご了承下さい。

第1弾カード発表

2019年11月15日(金)東京・大田区総合体育館にて開催される「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~」第1弾カード発表として、メインイベントでザ・デストロイヤーさんが残したプロレス文化でもある足四の字固めとマスクマンのそれぞれの国内代表選手でもある武藤敬司選手(WRESTLE-1)と獣神サンダー・ライガー選手(新日本プロレス)が参戦。

またかつて所属されていた全日本プロレスから現・三冠ヘビー級王者の宮原健斗選手とタッグを結成。

対戦相手として新日本プロレスからロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを代表し、“コールド・スカル”SANADA選手、“漆黒のデスマスク”BUSHI選手が参戦。
またパートナーとしてKAI選手が参戦、以下の対戦カードが決定致しました。

ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト メインイベント6人タッグマッチ

メインイベント6人タッグマッチ

(WRESTLE-1)武藤敬司           SANADA(新日本プロレス L・I・J)
(全日本プロレス)宮原健斗       VS KAI(フリー)
(新日本プロレス)獣神サンダー・ライガー  BUSHI(新日本プロレス L・I・J)

大会概要

日時

2019年11月15日(金)試合開始18時00分 物販開場16時 開場16時30分

場所

東京・大田区総合体育館

主催

株式会社H.J.T.Production

後援

東京スポーツ新聞社、ベースボール・マガジン社

協賛

株式会社イープラス、株式会社リーヴライフ トゥエンティーワン、株式会社大隅興業

大会プロデューサー

和田京平名誉レフェリー、木原文人リングアナウンサー

当日来場ゲスト

ドリー・ファンク・ジュニアPWF会長、スタン・ハンセン氏、徳光和夫氏

チケット情報

チケット料金

ザ・デストロイヤープレミアムシート(試合用マスク付き・最前列)100,000円
アリーナS (1列目から6列目) 15,000円
アリーナA 10,000円
1FスタンドA 10,000円
2FスタンドB 7,000円
2FスタンドC 5,000円
自由席(当日券のみ)3,000円
小中高席(当日券のみ)1,000円
※当日券は各席種 500円増。

 

チケット販売所

e+ イープラスhttps://eplus.jp/baba/ [PC&スマートフォン]
全国ファミリーマート店内Famiポート
ジャイアント馬場オフィシャル王道ショップhttps://tsuku2.jp/giant-baba
闘魂SHOP水道橋店 03-3511-9901
全日本プロレス 045-532-6701
後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
書泉グランデ 03-3295-0017
書泉ブックタワー 03-5296-0051

本興行に関する問い合わせ先

株式会社H.J.T.Production
03-6868-8289 (平日13:00~18:00)
公式ホームページ https://giant-baba.com/

【カート・ベイヤー氏からのコメント】

こんにちは。
カートベイヤーです。デストロイヤーの息子です。

今年の11月15日デストロイヤーメモリアルのイベントが大田区であります。
本当にそれは素晴らしいことなんです。日本の皆さん、H.J.T.Productionの緒方さん、色んなプロレスラーのみんなにありがとうと言いたいです。ファン達にも本当にありがとうと言いたいです。

父はもう1回日本に行きたかったけど、結局行けなかった。亡くなる前に何度か日本にもう1回行きたいなと言っていました。亡くなった時、日本のマスコミの方から色んなメッセージがきて、とても素晴らしいメッセージでした。みんなにありがとうと言いたい。

今年のメモリアルイベントの大田区は、力道山の昔の家の近くにあるらしく、それも素晴らしいなと思い、本当にメモリアルにぴったりなイベントになると思います。
本当に言いたい事はたくさんあるんだけど、11月15日のイベントはよろしくお願い致します。

イベント開催にあたりH.J.T.Productionの皆様、日本のプロレスラーの方々、友達、色んな方々ありがとう御座います。当日よろしくお願い致します。

【ドリー・ファンク・ジュニア氏からのコメント】

ドリー・ファンク・ジュニア

日本の皆様コンニチハ。
ドリーファンクジュニアです。
2月のミスターババのメモリアルの時に皆様にお会いができ楽しかったです。
またスモウアリーナにてデストロイヤーに、久々に会えると思い楽しみにしていました。

フロリダに帰国後、間も無くにデストロイヤーの訃報をきき驚きました。
デストロイヤーとはミスターババが作ったオールジャパンを一緒に支えてきました。
対戦は少なかったかったですが、良き先輩であり戦友でもありました。
今でもデストロイヤーのことはリスペクトしています。

デストロイヤーを追悼したくメモリアルイベントに私はいきます!!
今回はファンクスとして皆様にお会いしたく、現在テリーには連絡はしています。
11月皆様日本で会いましょう!!

『ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~』記者会見の内容

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』開催発表記者会見

11・15大田区総合体育館大会の開催が決定

和田レフェリー、木原リングアナがプロデューサーに就任

藤波が参戦熱望 会場全体の白覆面化を提案!?

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見1

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見2

29日、東京・キャピトル東急で記者会見が行われ、『ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~』11・15大田区総合体育館大会の開催が発表に。

ジャイアント馬場追善興行を開催した株式会社H.J.T.Productionが主催し、大会プロデューサーを全日本プロレスの和田京平名誉レフェリー、木原文人リングアナウンサーが務めることになった。

スタン・ハンセン、徳光和夫、ドリー・ファンクJr.が来場

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見 カート・ベイヤー氏日本プロレス、全日本プロレスで活躍し、日本マット界の発展に貢献した“白覆面の魔王”ザ・デストロイヤーさん(本名リチャード・ベイヤー)は今年の3月7日(現地時間)、アメリカ・ニューヨーク州の自宅で死去。88歳だった。

『ジャイアント馬場没20年追善興行』2・19両国国技館大会に合わせて来日を予定していたものの、体調不良でキャンセルになった直後の訃報。
H.J.T.Productionの緒方公俊代表が何かできないかと考えていたところ、デストロイヤーさんの息子であるカート・ベイヤー氏から依頼を受けて、今回の追悼興行が決定した。

当日はデストロイヤーさんの追悼セレモニーも開催予定。スペシャルゲストとして、同時代に全日本に参戦していたスタン・ハンセン氏、日本テレビの『金曜10時!うわさのチャンネル!!』で共演していた徳光和夫氏が来場する。

また、PWF会長のドリー・ファンクJr.も参加を表明しており、!BANG!TVの大隅良雄GMによれば、テリー・ファンクと揃っての来日を調整しているという。

「足4の字固め」と「マスクマン」に関連した選手にオファー予定

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見 和田レフェリー

プロデューサーに就任した和田レフェリーは、全日本プロレスに入社した時からデストロイヤーさんと深い関わりがあった。マスク販売を手伝った経験があり、リングスタッフ全員をバーベーキュー大会に招待してくれるほど家族ぐるみの付き合いだった。

「全日本プロレスで言えば、馬場さんがお父さんであって、デストロイヤーは叔父さんって感じの人だったんですね」と懐かしそうに振り返った和田レフェリーは「僕からすると、今回は本当にありがたく思っています。だから、ぜひ成功させたい。皆様、応援してください。よろしくお願いします」と呼びかけた。

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見 3

当日は7~8試合を予定。デストロイヤーさんが日本で披露した「わかりやすいプロレス」をテーマに掲げた和田レフェリーは、「皆さんを『えっ!?』と驚かせたい。おじいちゃんから子供まで『えっ!?』って言わせたいような、そんなカードを作りたいなと思っています」と意気込んだ。

「デストロイヤーさんに縁があるレスラー、関係者の方に集まっていただいて。2月のジャイアント馬場追善興行のような同窓会になる機を作れればと思っております」と緒方代表もバックアップを約束。デストロイヤーさんがプロレス界に残した「足4の字固め」と「マスクマン」に関連した選手にオファーする意向を示した。

また、カート・ベイヤー氏がデストロイヤーさんの自宅で発見されたアディダス製のマスクを提供してもらい、現役時代に制作されたこのマスク付きプレミアムシートを販売することも併せて発表した。

藤波辰爾が全面協力 試合出場にも前向き

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見 藤波辰爾

そんな中、いち早く協力を表明したのが会見に同席した藤波辰爾だ。日本プロレス時代からデストロイヤーさんと交流があった藤波は

「近々では2015年のWWEの殿堂入りの前後に一度お会いしました。僕はもうああいう素晴らしい選手というか、あのデストロイヤーさんの前だと本当に直立不動でね。お会いするだけで、あのオーラを感じて。一度自分でも記憶が残るような対戦をしたかったんです。これは叶わぬ夢だったんですけど」と残念がったが、

「とにかく今回、この大会がまた開催されると。ましてや、こういう追悼という夢の大会ですから、自分もここに名を連ねられるだけで光栄に思います。精一杯いろんな形で協力したいと思います」と全面協力を約束した。

『ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト』会見4出場選手は未定だが、藤波は「現役選手である以上は、それが第一希望でもありますし。その中で、せっかくリングに上がるからには体調をベストにして上がりがたいです」と参戦を熱望した。

ファン時代に見たデストロイヤーさんと力道山の試合が目に焼き付いているというだけあって、発見されたアディダス製のマスクにも興味津々。それどころか、「リング上に上がった時の光景を想像しただけでもゾクゾクしますよ」と会場中をデストロイヤーさんのマスクで埋め尽くすアイディアまで飛び出した。

緒方代表は「まだここでは正式にお伝えできないですけど、何かしらマスクを通して、皆様で共有できる場を作れればと思っております」と前向きに受け止め、「私自身の使命といたしましては、天国でデストロイヤーさんと馬場さんが仲良く当日を見守っていただけるような大会にすることが任務だと思っております」と大会の成功を誓った。(文:村上謙三久)

ジャイアント馬場オフィシャル王道ショップがオープン!!

ジャイアント馬場のオンラインショップがスタートしました。
2.19両国大会で販売されたグッズやジャイアント馬場展にて好評だった、三冠ベルトやジャイアント馬場が描かれた油絵レプリカも販売!!
またメールマガジンの登録もオススメ!!お得な情報を配信致します。

ジャイアント馬場オフィシャル王道ショップ:https://tsuku2.jp/giant-baba
メールマガジン登録:https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000069561

ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~

2019年2月19日、両国国技館で開催の「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」は超満員札止め(8800人)の中でおこなわれました。

ご来場のファンの皆様、ご参加いただいたレスラー&OBの皆様、興行開催にご尽力いただいたすべての皆様に心より御礼申し上げます。

株式会社H.J.T.Production
代表 緒方 公俊

第2弾ジャイアント馬場展開催決定!!

ジャイアント馬場20th メモリアルイベント ~ジャイアント馬場展~開催のお知らせ2019年8月

日時:2019年8月1日(木)~2019年8月11日(日)

最終日は17時にて閉場

場所:さっぽろ東急百貨店 9階催物場

前回開催したジャイアント馬場展

ジャイアント馬場20th メモリアルイベント ~ジャイアント馬場展~開催のお知らせ
東急百貨店本店でのジャイアント馬場は1月7日をもちまして終了致しました。
総入場者数10000人強と多数御来場頂き誠にありがとうございました。
馬場展開催中、多くの方から「日本全国で同じような展覧会をやってください」という声を頂戴しました。現段階では何も決定しておりませんが、皆様のご期待に応えられるよう、前向きに検討していく所存です。再び開催の折には、何卒よろしくお願い申し上げます。

日本テレビ「心に刻む風景~ジャイアント馬場さん~」

▼放送は終了しました。放送内容はこちら

ブッチャーのスペシャル番組のお知らせ

▼放送は終了しました。放送内容はこちら

新潟県三条市に馬場さんの巨大懸垂幕を寄付

新潟県三条市に馬場さんの巨大懸垂幕を寄付1

新潟県三条市に馬場さんの巨大懸垂幕を寄付3

株式会社東急百貨店(東京都渋谷区)は3月12日、昨年末から年始に同本店で開催した「ジャイアント馬場20thメモリアル~ジャイアント馬場展~」のメイン広告として店舗に掲げた巨大懸垂幕を、ジャイアント馬場(本名:馬場正平)さんの出身地で名誉市民とする新潟県三条市に寄付しました。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kenoh.com/2019/03/13_baba.html

新潟県三条市に馬場さんの巨大懸垂幕を寄付2

馬場さんの永遠のライバル、デストロイヤーさんが亡くなられました

ジャイアント馬場さんの永遠のライバルであり、盟友として知られる伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)、ご自宅で亡くなられました。享年88歳。

元プロレスラーの息子カート・ベイヤーさんが自身のフェイスブックで「父のデストロイヤー、ドクターXことディック・ベイヤーが今日正午すぎに亡くなりました。自宅で子どもたち、妻に囲まれながら平穏に去っていきました」などとつづっています。

米バファロー出身のデストロイヤーさんは1954年に素顔でデビューしていましたが、62年に白地に赤の縁取りを付けたマスクを装着し、覆面レスラーの「デストロイヤー」として変身後に大ブレーク。同年にブラッシーを下してWWAヘビー級王座を獲得。63年には日本プロレスに初来日し力道山と対戦しました。

以後は、ジャイアント馬場さんのライバルとして大きな注目を集め、幾度も対戦して名勝負を繰り広げました。1973~79年には日本に在住し、全日本プロレスの所属選手として活躍。ジャイアント馬場さんやジャンボ鶴田さんとタッグを組み、ブッチャーやミル・マスカラスなどとも対戦し人気を博しました。そのキャリアは約40年、日米合わせて8000試合以上におよんで大活躍されました。

また、日本ではバラエティー番組等にも出演し、お茶の間でも人気者でした。93年に惜しまれつつ現役を引退した後も、たびたび来日しており、2017年には外国人叙勲者として旭日双光章を受章されました。

2月19日のジャイアント馬場没20年追善興行後には、ご丁寧なメッセージを送っていただき、馬場さんとの深い友情を感じさせていただいたばかりでした。

突然の訃報に接し哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。

『PWHF プロレス殿堂博物館』主催選考による2019年度殿堂入りが発表されました

昨年は藤波辰爾選手、今年はジョー樋口レフェリーが殿堂入りした、テキサス州ウイチタフォールズ『PWHF プロレス殿堂博物館』主催、選考による2019年度殿堂入りの9人(組)が本日発表され、アブドーラ・ザ・ブッチャー選手と元PWF会長である故ロード・ブレアース氏が選出されました。殿堂入り式典は、来年5月、現地で行われる予定。

https://www.pwhf.org/hall-of-famers

アブドーラ・ザ・ブッチャー選手よりファンの皆様へ

「日本のみんな元気か?俺は11月10日にニューヨークの大きなイベントでサイン会をやったんだが、アメリカやカナダから集まった大勢のファンから ミスター・ババのメモリアルショーについて質問攻めにあって、うれしい悲鳴だったよ。

体調も良く、今週末(11月23日~25日)は、ノースカロライナ州とオハイオ州でサイン会とトークショーをやるんだ。ブッチャー様は元気だ!久しぶりに日本のファンに会える2月が今から楽しみだよ!」

アブドーラ・ザ・ブッチャー選手

更新日:

Copyright© ジャイアント馬場メモリアル , 2019 All Rights Reserved.